So-net無料ブログ作成
SF・アニメ ブログトップ

ゼーガペイン [SF・アニメ]

2011/11/24(木)

ゼーガペイン.jpg

 

 今頃になって、やっと「ゼーガペイン」をアクトビラで全編視聴し終わりました。さわやかな感動に包まれています。

 始めの頃の話を見て、「『MATRIX』の真似かな?」と思った時期もありましたが、「ゼーガペイン」の方がSF設定、人間模様、根底にある哲学が素晴らしいです。

 悪役のナーガ、あるいはナーガの思想は、人間性を無視した悪しき理想主義・完璧主義で、それに立ち向かうソゴル・キョウの単純明快な人間性が見ていて爽快です(ナーガに対して、現実主義・実存主義でしょうか?)。

  悪役だけが、このストーリーで、負の存在ではありません。サーバーの中で現実とは違う生活を繰り返し、何も疑問を抱かない減退化した人々を、僕は、TV付けやゲーム付けになって、現実の問題に向き合おうとしない現代人(あるいは、一部のオタク)を象徴していると勝手に思っています。

 そのおかしな世界に気が付き、現実の世界へ人間を戻そうとした英雄がセレブラント。最終回のラストでそれを成し遂げ、さわやかな青空とともに物語は終わります。

 ラストシーンでのカミナギ・リョウコの台詞「世界は光でいっぱいだよ!」は、実は視聴者達に投げかけられた言葉でもあると思います。

 

 こんな素晴らしいアニメのブルーレイBOXを限定でなく、是非一般発売して欲しいものです。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

鋼の錬金術師(TV版) [SF・アニメ]

2010/7/4(日)

 「鋼の錬金術師」のTV版が本日、最終回でした。

 僕がハガレン(=鋼の錬金術師)を見たのは、このシリーズが初めてでした。凄いアニメだという噂だけは知っていたので、このシリーズが始まる時に、ぜひ、全話見届けようと思い、今日達成しました。充実感があります。感想を書こうと思ったのですが、難しいので、代わりに、この錬金術でキー・ワードと成っている「等価交換」できると、思われるものを、感想の代わりに書き並べてみます。

  「人間を構成する物質」 = 「魂の無い人間の臓器の集まり」

  「真理」 = 「真理を得た者の身体の一部(あるいは全部)」

  「魂の具現化」 = 「それを望んだ者の身体の一部」

  「妻」 = 「国家錬金術師としての地位」

  「娘」 = 「国家錬金術師としての地位」

  「賢者の石」 = 「膨大な力」

  「人の命」 = 「賢者の石」

  「無限の力」 = 「国家規模の人の命」

  「誠実である事」 = 「真理」

  「あきらめない事」 = 「夢の実現」

  「特別な能力に頼る事」 = 「搾取する、あるいは、される事」

  「俺の半分」 = 「お前の半分」

  「本を読んで学習する時間」 = 「アニメを見て、人生について考える時間」

 

 気が早いですが、次なる作品に期待します。

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

「エヴァンゲリオン:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE」DVD [SF・アニメ]

2010/5/26(水)

「EVANGELION2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE」.jpg

 「新劇場版エヴァンゲリヲン:破」のDVD「EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE」のDVDを買ってきて、視聴しました。既に映画館で一度見ています。

 まず感じることは、映像のクオリティの高さです。美しく、緻密で、精巧で、躍動的で、素晴らしいです。普段見ているTVが如何に酷いか、思い知らされます。具体的に場面を上げるのは、沢山箇所があって大変なので、ストーリーの方に目を向けてみます。

 もっともインパクトがあるのは、3号機のパイロットが鈴原トウジでなくアスカであることだと思うのですが、結果シンジが友人を傷つける(殺したとは、確認できない!)ことになり、初号機パイロットを一時辞めることになる点では、TV版と同じだと思います。僕は、アスカのファンではないので、そういう解釈になります。

 個人的に、印象に残るのは、レイの心の変化です。「料理をするレイ」はTV版からは想像が付きませんし、ましてや、食事会を開催するなど、別な話を見ているようです。人は恋をすると変わるものだという庵野監督からのメッセージでしょうか? それとも、変わって欲しいという監督の願いでしょうか?

 シンジもみんなの危機に直面して、一度は辞めた初号機パイロットに復活するのみでなく、レイを助けようとして、活動停止した初号機を暴走させます。シンジも変われる、変わって欲しいということでしょう。

 演出として好きなシーンは、エレベータ内のアスカとレイです。TV版と違っていて印象に残ったところは、まず、レイの手をつかんだアスカがレイの指に自分の指と同じようにバンソウコが貼ってあるのに気が付いてイラつくところです。それと、レイの「碇君といると、ぽかぽかするの。」の台詞が凄く好きです。聴いてて笑ってしまうのと、自分の感情を上手く表現できないレイを良く表しているからです。 この場面が、アスカにシンジを諦めさせたのかもしれません。

 さて、最後は次回”Q”が気になる展開ですが、あと二回、庵野さんについていきます。良い作品を期待しながら。

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

1/1 GUNDAM in お台場 [SF・アニメ]

2009/8/14(金)

 お台場にある1/1 GUNDAMを見てきました。

 お盆休みということもあって、ゆりかもめの始発駅から入場整理がされていて、凄い人だかりでした。僕は帰省先から自宅に帰る途中で立ち寄ったので、手荷物が重たくて疲れましたが、やはり、一目見ておきたかったので、行って良かったです。

 作りは非常に精巧だと感じました。大きさは、想像していたのよりちょっと大きめでしたが、実際の大きさを確認できたのは良かったです。

 

GUNDAM_お台場_20090814_24_hp.jpg

GUNDAM_お台場_20090814_19_hp.jpg

GUNDAM_お台場_20090814_07_hp.jpg

GUNDAM_お台場_20090814_08_hp.jpg

GUNDAM_お台場_20090814_12_hp.jpg

GUNDAM_お台場_20090814_13_hp.jpg

 

 この角度からが一番気に入ってます。

GUNDAM_お台場_20090814_25_hp.jpg

 

 首だけが稼働可能で、ドライアイスの蒸気を吐きながら、首を左右に振り、最後に上空を見上げました。

GUNDAM_お台場_20090814_27_hp.jpg

 

お台場に行ったついでの写真です。

自由の女神_お台場_20090814_02_hp.jpg

Rainbow_Bridge_20090814_01_hp.jpg

Hello_Kitty_Bus_20090814_01_hp.jpg

 

 

 


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

GUNDAM [SF・アニメ]

 いつの間にか、ガンダムの第一作の配信が始まってしました。一日一話配信です。お楽しみください。

 というか、自分が楽しむ為だけど。

 


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

エヴァンゲリヲン新劇場版:破 [SF・アニメ]

2009/7/5(日)

Mari001.jpg

 「エヴァンゲリヲン新劇場版:破」を見てきました。

 「序」を見た時は、映像的に作り直して更に素晴らしくなったと感じましたが、「序」で見慣れている所為か、それ程の驚きはありませんでした。とは言っても、EVA02の登場シーン等、クオリティの高いシーンは沢山ありました。

 ストーリ的には、「なぜそうなる?」と思うところがありましたが、それも含めてEVAを鑑賞する醍醐味なのかとも思います。結局この先どうなるか気になって仕方ないから4作品全部見て、DVDも買うんだろうなぁ・・・。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

プラネテス [SF・アニメ]

2009/7/2(木)

top_hachimaki.gif

 僕の大好きな「プラネテス」が、 NHK BS2で7月5日より毎週日曜PM11:54に再放送されます。

 物語は、近未来を描いたリアルSFアニメです。主人公のハチマキとその職場の仲間は、地球の衛星軌道上の廃棄物(スペース・デブリ)を処理する仕事をしています。僕は、この物語は、「厳しい現実と理想のギャップに如何に対処していくか」と、「環境に左右されずに人が持ち続けなければならない大切なものは何か?」を描いている素晴らしい作品だと思います。本放送を見なかった人は、とりあえず第一話を見て下さい。それでこの物語に興味を持てたら、是非最終話まで見て下さい。感動して頂けるはずです。

http://www3.nhk.or.jp/anime/planetes/

 


nice!(3)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

エヴァンゲリヲン新劇場版:序 [SF・アニメ]

2008/05/24(土)

 今日は、休日だというのに早起きできたので、朝の散歩に出掛けた。ところがどっこい、疲れてしまって昼寝をしてしまった。でも、大丈夫、今日はTV Dayの予定だから。

 まず、TSUTAYAで「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」のDVDを買ってきた。映画館で一度見ているが自宅の方がじっくり見れる気がする。やはり映像の洗練さと迫力は、他を圧倒していると感じた。それと映画を見た時も感じたが、CGの使い所と映像のマッチングが適切で素晴らしいと感じた。やっぱり、見所は、ヤシマ作戦だった。
 それとストーリーは、序はTV版と極端な違いは無いが、TV版がマニアックな演出があったのに対し、新劇場版は主人公と同じ10代の子供への素直なメッセージに成っていると感じた。
エヴァンゲリオン新劇場版:序_DVD.jpg

 TV Day、次は、日本女子バレーの試合。オリンピックが決まり少し油断したのか、ファイナル・セットまでいってしまったが、勝利した。明日も勝って、全勝優勝して欲しい。

 次は、バレーと時間が重なっていたので録画しておいた、サッカー日本代表のキリンカップの試合を見た。1-0で日本の勝利で、ゴール・シーンでのFW二人の動きは良かったが、後は退屈だった。ファンタジスタは、松井だけでなく、俊介もいないと攻撃が単調でつまらないと思った。月曜の試合に期待しよう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
SF・アニメ ブログトップ
メッセージを送る